ネガブログ(仮)

ネガティブカウンセラーが明日を切り開いていくブログ

【お悩み相談】相談メールが来ません

なななんと!今日は相談メールがきております!ブログに載せてOKとのことだったので、早速紹介します!

 

お名前:Fさん
相談内容:初めまして。いつもFukaさんの狂ったブログを楽しく読んでいます。
今回相談したいのはズバリ、「ブログに無料メールカウンセリングの募集記事を載せたのに一件も相談が無い」ということです。


私は今、某3ヶ月先まで予約の取れない心理カウンセラーのもとで勉強中でして、そのカウンセラー(仮に師匠とします)から「無料メールカウンセリングの募集してみたら?」と先日提出した課題に書かれていたので、早速やってみたのに何ということでしょう(泣)。


記事を書いたのは5日前で、最初は案内文とメールアドレスを載せただけだったのですが、それじゃ相談来ないだろうと昨日申し込みフォームも作りました。
でも全然来ません。もうGmailの受信ボックスをやたらとチェックしては「来ねーなー」とガッカリするのは止めたいんです!何か良い方法はありませんか?

 

 

【回答】
ご相談ありがとうございます。奇遇ですね。私もちょうど5日前に「無料メールカウンセリングのお知らせ」という記事を書いたのですが、今日初めて相談メールを頂きました。私の方が1歩リードしちゃいましたね(笑)へへっ、サーセン


Fさんがどんな案内文や申し込みフォームを作ったのかは分かりませんが、まず言いたいのは募集5日で何を言っとるんだということです。そんなすぐ来るわけないでしょう。(まぁ私は来ましたけど)
そもそもあなたの存在は世に広く知られていますか?まさかとは思いますが、宣伝も師匠頼りじゃないでしょうね?
本当にメールカウンセリングがしたいなら、片っ端から知り合いにブログを見せるなり「何か相談しろ!!但し私が答えやすいやつな!」と無茶ぶりするなりすると思われます。
しかしあなたはまるで「師匠に言われたからとりあえず募集したけど来ませんわ(笑)」とでも言いたげな様子で、本気度が伝わってきません。


また、一応確認しますが、ちゃんと「こんな感じでお答えします」みたいな例をあげていますか?見ず知らずの自称カウンセラーを名乗る怪しい人間に、いきなり相談する人間がそんなにいると思いますか?相談しようか迷っている人に決断してもらうためにも、回答例は必要だと思われます。


最後にもう一言。「相談が来てから本気出す!」のではなく、来ていない間も師匠のブログに寄せられた相談に自分ならどう答えるか?と考えて書いてみるのも勉強のうちですよ。

そう、ケーススタディですね。
メールカウンセリングの募集をするくらいなんだから、さぞケーススタディをやってきたのでしょう。課題でも出されませんでしたか?

まさかとは思いますが、提出する1問だけしかやってないなんてことはないでしょうね?

 

色々厳しいことを書いてきましたが、Fさんが今後カウンセラーとして活躍していくためには必要なことだと思ったので、心を鬼にして書きました。
この回答を読んだFさんが怒りでPCやスマホの画面を叩き割っていないことを祈ります。ありがとうございました。

 

 

Fさんのように相談事がある方はこちらへ⇩⇩

yori-dori.hatenablog.com

 

 

最後に
ええ、完全な自作自演ですが何か???