ネガブログ(仮)

ネガティブカウンセラーが明日を切り開いていくブログ

何も出来なくても

12/21・22と参加したお弟子の第3回目のセミナーの振り返りの記事を昨日ざっと書きました。(これだす⬇︎)

yori-dori.hatenablog.com

 この記事の中で挙げた4点のうち、今日は「受け取れないこと」についての掘り下げをしていきたいなーと思います。

現在このブログを書いたり、お弟子の宿題をやったりしていく中で、多くの方から暖かい言葉を頂くのですが、何だかいまいち受け取れずもったいないことをしています。

1回目の講座で二人組を作り、片方が相手の価値を伝え続け、もう片方が拒否し続けるということをやったのですが、拒否されるとほんと凹むんですよね。せっかくあなたの良いところをたくさん見つめて伝えてるのに・・・😭って。

だから今は「ありがとう」と言って受け取ることを意識しているのですが、恥ずかしさからすぐ話をそらしたくなります。例えるなら、せっかく貰ったプレゼントを開けず、箱のまま脇に置いておくような感じ(以前は受け取り拒否していたので、それでも進歩したのですが・・・)。

 

そして受け取れないもう一つの理由。こっちの方が厄介なんですが、一言で言うと

「何も出来なくても許して欲しいし、何も出来ない私でも良いと言って欲しい。」これにつきます。

≪褒めてもらいたい、評価されたい、集団の中から抜きん出た特別な存在だと思われたい≫

と、

≪何にもできなくたって、優秀だろうが無能だろうが一生懸命生きてるんだからそれだけで充分だと言ってほしい≫

の2つの気持ちが綱引きしてて、脳が大混乱しています。これがダブルバインドってやつか⁉️

 

学生時代~社会人1年目くらいまでは、褒められるために良い子でいる(具体的には相手の気持ちを考えて行動する、勉強やクラブ活動に真面目に取り組む、大人を困らせないなど)ことを頑張っていましたが、これは「世間に後ろ指さされないよう、真っ当に生きたい。なんなら凄いと言われたい。優秀な側でいたい。沢山の花まる💮やお褒めの言葉を貰いたい。」というのがモチベーションでした。

しかし、それだけじゃしんどいんですよね~ここで対抗勢力が力を伸ばしていきます。

「人生、何かセンセーショナルな出来事が無くたって、日々の生活の中で色々あるんだから、ただ生きていくってだけでも大事業を起こしているようなもんなんだから、もう全てを肯定してよ。うまくいこうがいくまいがその人の本質的な価値は変わらないでしょ。」

ぐぬぬ・・・近年は対抗勢力の方が優勢だぞ。

 

これを踏まえて今後どうしたら良いのか🤔?

明石家さんまに倣って「生きてるだけで丸もうけ」を座右の銘にしたら、今まで以上に受け取れるようになるかな?