ネガブログ(仮)

ネガティブカウンセラーが明日を切り開いていくブログ

過去を振り返る バトル回

昨日の続きです〜


小中と学校では色んなことがあったのですが、その中でインパクトが大きかったのが中学の時の転校でした。


私が中学2年に上がる時に、父が神奈川の山の方に家を建てて横浜市から引っ越したのですが、母はこの引っ越しの本当の理由は父の浮気相手からの嫌がらせから逃げるためだと言っていました。

父の浮気がいつからかは分かりませんが、数ヶ月前から家に無言電話が頻繁にかかってきたり、知らない男の人が家に来て母に「〇〇さんに言われて来ました。旦那さんと別れて下さい」みたいな事を言っていました。

(親は知らないかも知れないけど、子どもって本当に親のこと見てますよ〜👀)


父と母のケンカは激化していましたが、離婚に至らなかったのは共依存ぽい状態にあったのもあるけど、「子どもがいるから別れられない」ってのが大きかったようです。

(子どもからすれば、ふざけんな💢お前らが勝手に生んどいてそりゃねーだろって感じなんですが…)


新しい中学にはなかなか馴染めずイジメのようなことをされてしんどかったのですが、家でも戦争が勃発してるので、あっちもこっちも爆発してて訳わからん!って頃に事件が起こりました。


ある日何か分かんないけど弟(当時小5)が父を怒らせることをしたらしく、いつにもましてボッコボコにされたんですね。

(父は昭和の頑固親父というか、しつけ=ぶん殴るという思考の持ち主)


それを見た母が弟がころされてしまう!とパニックになり、警察を呼び母・私・弟の3人はパトカーに乗り警察署に行った後、シェルターと呼ばれる母子保護施設に連れて行かれました。

この辺は記憶が曖昧ですが、部屋の壁に子どもの字で「お父さん許さない」って書いてあるのを見て、なんかヤバいとこに来ちゃったなと思ったことは覚えています。


続きはまた次回!