ネガブログ(仮)

ネガティブカウンセラーが明日を切り開いていくブログ

過去を振り返る回

ブログをご覧の皆さま〜

今日はFuka(今のとこ、これがカウンセラー名)の「過去を振り返る回」をお送りしますよ〜


*注意!楽しい話ではないよ!



***

私が物心ついた時から両親はケンカばかりしてて、子どもながらにどうしてこんな悲しい事が起こるんだろう?ってずーっと思ってました。


ケンカの主な原因は、父の仕事(自営で塗装業をしてた)でした。父は仕事の腕は良いのですが、商売は下手で赤字になることが多く、そのことが母を不安にさせていました。


母は高校生の頃に急に耳が悪くなり(補聴器を付けてなんとか聞こえるレベル)、これのせいで辛い思いを沢山したそうです。

仕事がなかなか続かず、母(私の祖母)からは自立をせっつかれしんどかった時に父と出会いました。当時はまだ会社勤めをしていた父の収入は多く、母はそこに惹かれて結婚したそうです。


しかし私が生まれる直前に、父が急に会社を辞めて自営業を始めてから家計は一気に厳しくなり、そこから夫婦仲もどんどん悪くなってしまったそうな。

そんな状況下で私は生まれました。


父も母もすごいエネルギーの持ち主で、2人ともよくそんな大声出せるなぁとか、お父さんこれ以上殴ったらお母さん死んじゃうよ!とか、お母さんは何でお父さんの言われたくないことをわざわざ言うのかな〜とか、小さかった私は2人のケンカの流れ弾を受けたりしながら色んなことを考えてました。


私は集団行動とかグループというものが苦手で、幼稚園も休みがちでした。とにかく朝お腹が痛くて堪らないんです。

先生はたくさんの子を見なきゃいけないから、私ひとりにあんまり時間を取ってくれなくてつまんないなーと思ってました。

お父さんもお母さんも先生も私を見てくれなくてつまんないなー寂しいなー

でも同じ組の子と遊ぶのってどうしたら良いのか分からない。みんないつの間に友達になったの?どうしたら仲間に入れてくれるの?

声をかけるって怖いなーイヤって言われたらどうしよう?

なんてことをずーっと考えてました。


頭の中のおしゃべりに夢中でなかなか周りの子と馴染めなかったから、クリスマス会の練習がきっかけでお話しできる子ができたときは本当に嬉しかったなぁ〜


まだ幼稚園の頃の話しかしてないのに、だいぶ書いたから続きは次回で〜🤚


☆オマケ

お弟子さんの1回目が終わった後の様子⬇︎

f:id:yori-dori:20191029122702p:plain